Body conditioning support SUN

膝痛 その2 (変形性膝関節症)

LINEで送る
Pocket

こんにちは。SUNです。

暑さがMAXで大変厳しい夏を迎えています。体調管理に気をつけていきましょう。

さて、以前書いた続きを。(だいぶ前ですが・・・)

 

痛みの中で大変多い膝痛。その中でも変形性膝関節症について

以前記載した、特徴的症状とはこのようなものでしょうか。

(a)膝蓋骨(お皿)の下が痛い:曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、歩行時など

b)膝関節の内側が痛い

 曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、歩行時、仰向けで寝ている時(つま先が外側を向いてねている:股関節が外旋:外側 に回旋している事)

(c)膝蓋骨(お皿)の上が痛い:曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、長時間曲げた後(椅子座位など)、歩行時など

(d)膝関節の外側が痛い:曲げ伸ばし時や長時間曲げた後(椅子座位など)、ランニング時など

(e)膝関節の裏が痛い、突っ張る:歩き始め、長時間曲げた後(椅子座位など)

(f)屈げると膝の裏が圧迫される様に痛い:屈曲(曲げる)可動域制限有りの人

他にもあるかもしれません。

 

そして以前記載した、今までの治療としてよくあるのは、

(1)まず温める:ホットパックなど

(2)マッサージをする:固くなった筋肉をほぐす、またはストレッチなど

(3)筋トレをする:弱くなった筋肉を強化する、体幹トレーニングをする、エアロバイクをこぐ等など

などが一般的でしょうか。他にもあるとおもいますが。。。

けしてこの治療を否定するわけではなく、これで完治する場合は良いと思います。

しかしながら、完治しない場合が存在する事が分かってきております。

 

 

今回は上記した(a)~(f)の様な症状を一つ一つ対応するのではなく、身体の基盤を整えて症状を出にくくする。または、症状が出るようなストレスがかからない様な身体にする。

という事を念頭にします。→これを行う事で(a)~(f)全てが起こりにくくなる基盤ができます。

 

基本は骨、関節をなす骨同士の位置のズレを正す事を意味します。

一般的には歪みと表現している場合が多いですが、

歪みとは、物体に外力を加えたときに現れる形状または体積の変化。ねじれ・ゆがみ・ちぢみなど。を表します。とされています。

今回の骨の位置のズレなどは、体積変化や骨の形状変化を主としていないため、歪みとの表現はしないことにします。(歪みと表現しても特別問題ないと思いますが。。。)

 

 

 

膝関節は大腿骨と脛骨からなる大腿脛骨関節(以下FT関節)及び、大腿骨、脛骨、膝蓋骨からなる膝蓋大腿関節(以下PF関節)の2関節からなります。

(a)FT関節の位置が

①屈曲、伸展可動域制限・・・曲がりきらない、伸びきらない

②外反内反の増大・・・X脚またはO脚の増大

③内外旋の制限やズレ・・・大腿骨に対し脛骨が過剰に外旋、または内旋するのを制限する

(b)PF関節の位置が

①膝蓋骨の動き・・・膝を伸ばす時は膝蓋骨は上方移動

          膝を曲げる時は膝蓋骨は下方移動

②膝蓋骨の傾斜・・・膝蓋骨上縁及び下縁が矢状面上または前額面上で傾斜する。(傾斜方向へ引っ張られる:組織間の癒着などにより)

こうした、

大腿骨と脛骨と膝蓋骨の骨の位置のズレによって、

 

例を上げると、

大腿骨と脛骨を結んだものがレールとし、膝蓋骨が列車と仮定すると、

レールの位置のズレが無い状態で、膝の屈伸などで、列車はスムーズに走り、妨げるものが存在しないため、最小限の力で前進します。

レールの位置のズレが生じると、列車は脱線しないようにレールを擦りながら進んだり、より多くの力を使って前進しようとします。

よって、関節軟骨に負担がかかったり、緩衝作用のある軟部組織にストレスがかかったり、過剰に筋や筋膜の過緊張が起きたり、偏った筋の使い方をしたり、様々な弊害がでます。

そして、有る一定の許容範囲を超えると、痛みとして認識するようになります。

 

それではこの、骨同士の位置のズレとは、どうしておきてしまうのか、その要因は?

それを正さないと、固くなった所をマッサージやストレッチするなど、対処療法をしてしまう事ととなり根本的な解決から遠ざかり、結局完治しない施術、リハビリとなってしまいます。

次回に骨同士の位置のズレの要因に続きます。

 

 

 

理学療法士によるコンディショニング(整体)

店舗誘導用(コンディショニング編)

学生~中高齢者への腰、膝、肩痛及びスポーツ障害、脳血管障害への施術でサポート

  • 学生~中高齢者まで、腰・膝・肩痛、スポーツ障害(投球障害・ランナーズ障害など)、脳血管障害

  • 自費リハビリ:
    ①人工股関節置換術、人工膝関節置換術など
    ②退院後リハビリテーション:脳血管障害退院後の継続希望者など

※当店は日時限定のため、早期から御予約様で埋まってしまいます。早めの御相談・御予約をお願い致します。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

メールでのご予約はこちら

メールでのご予約

予約フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
お一人お一人が太陽、SUNの様に輝く人生を送れる様にサポート致します。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP