Body conditioning support SUN

膝痛 その1(変形性膝関節症)

LINEで送る
Pocket

こんにちは。SUNです。

今回はコンディショニングサポートで施術する事が大変多い膝痛、その中でも変形性膝関節症についてです。

膝関節は大腿骨と脛骨からなる大腿脛骨関節(以下FT関節)及び、大腿骨、脛骨、膝蓋骨からなる膝蓋大腿関節(以下PF関節)の2関節からなります。

一般的にO脚やX脚などという表現は前者のFT関節の事を捉えたものとなります。このFT関節の表面には所謂関節軟骨に覆われており、病院でレントゲンを撮り、関節面が狭いね、とか軟骨が傷ついている、すり減っている、とげばっているなどと表現される事があります。

それでは、

①そもそも変形性膝関節症での膝痛はこの軟骨にダメージを受ける事が原因なのか?

②痛みは軟骨?

③関節がやや狭くなっているけど、軟骨がすり減っている感じはないが膝が痛いのはなぜか?

などなど軟骨のみの説明では納得出来ないケースがある事がわかります。

 

ここで、整理しなければならないのは、痛み:(結果)に対し、その原因は何か。

この原因を突き詰める事が重要となります。

今まで治療としてよくある、

(1)まず温める:ホットパックなど

(2)マッサージをする:固くなった筋肉をほぐす

(3)筋トレをする:弱くなった筋肉を強化する

などが一般的でしょうか。

けしてこの治療を否定するわけではなく、これで完治する場合は良いと思います。

 

しかしながら、完治しない場合が存在する事が分かってきております。

その症状として特徴的なものは

(a)膝蓋骨(お皿)の下が痛い:曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、歩行時など

b)膝関節の内側が痛い

 曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、歩行時、仰向けで寝ている時(つま先が外側を向いてねている:股関節が外旋:外側 に回旋している事)

(c)膝蓋骨(お皿)の上が痛い:曲げ伸ばし時や立ちしゃがみ動作時、長時間曲げた後(椅子座位など)、歩行時など

(d)膝関節の外側が痛い:曲げ伸ばし時や長時間曲げた後(椅子座位など)、ランニング時など

(e)膝関節の裏が痛い、突っ張る:歩き始め、長時間曲げた後(椅子座位など)

(f)屈げると膝の裏が圧迫される様に痛い:屈曲(曲げる)可動域制限有りの人

 

他にもありますが、主に以上のような場合は、軟骨が極度にすり減っていなくても症状として現われる事が多いようです。

こうした症状はどういった原因で痛み、違和感が引き起こされているのでしょうか?

今回はここまででとします。

次回以降にその2に続きます。

 

 

理学療法士によるコンディショニング(整体)

店舗誘導用(コンディショニング編)

学生~中高齢者への腰、膝、肩痛及びスポーツ障害、脳血管障害への施術でサポート

  • 学生~中高齢者まで、腰・膝・肩痛、スポーツ障害(投球障害・ランナーズ障害など)、脳血管障害

  • 自費リハビリ:
    ①人工股関節置換術、人工膝関節置換術など
    ②退院後リハビリテーション:脳血管障害退院後の継続希望者など

※当店は日時限定のため、早期から御予約様で埋まってしまいます。早めの御相談・御予約をお願い致します。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    メールでのご予約はこちら

    メールでのご予約

    予約フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
    お一人お一人が太陽、SUNの様に輝く人生を送れる様にサポート致します。

      は必須項目です。必ずご記入ください。

      お名前
      ふりがな
      メールアドレス
      ご住所
      お電話番号
      お問合せ内容
      個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

      コメントは受け付けていません。

      LINEで送る
      Pocket

      メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

      お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
      PAGE TOP